携帯もレンタルの時代

複数の携帯電話を活用しなければならない場面が増えています。それは携帯電話を誰しも持つようになったせいで、連絡先の交換を求められても断りにくくなったからです。例えばビジネスにおいて休日でも構わず電話してくる人と、共同作業をする場合があります。そういう人に電話番号やメールアドレスを教えてしまうと、休日に仕事で時間を潰す結果になりかねません。 特定の相手に情報を教える事で被る不利益を避けるために、プライベート以外の携帯電話を持つ事が必要になったのです。そしてプライベートと違って永久に必要ではないため、期間限定のサービスが理想的と言えます。その需要に応える形で登場したのが、レンタル携帯と呼ばれるサービスです。

レンタル携帯は便利なサービスですが、定期的に求められる課金額が高めに設定されている事が難点です。だから現在利用される契約は購入手続きを踏んだものばかりです。利用料金が革新的にならない限り、レンタル携帯が主流になる事はあり得ません。 通常の購入をする場合には、家電量販店などの専門コーナーを訪れる事になります。そして購入したい製品を見つけたら店員に伝えて、キャリアとの契約も同時に行うのが通例です。その作業は少し時間が必要になるため、最初から契約済みのレンタル携帯サービスよりはスピード面で劣ります。しかし金額面では購入した方が圧倒的に有利です。唯一の問題点であった初期投資額についても、分割払いを適用すれば解決できます。